40代でロングボードを始めた オンナのサーフィンつれづれ。  It is never too late to learn♪


by emiwosurf

カテゴリ:自己紹介( 1 )

☆自己紹介☆


福岡在住、
オットとイタチ(フェレット)との、ふたりと一匹暮らし。
今年でケッコン生活7年目に突入し、
夫婦で週末サーフィンを楽しんでいるemiwoです☆

40代でサーフィン初挑戦をしてから早2年。
いまだに、へたれサーファーで、毎回ジタバタしてますが、
ジタバタするほどに、サーフィンの魅力にハマり、
マイペースで、「ロングボード道」に精進する日々。

サーフィンの師匠は、オットです。
もうすぐ40に手が届こうかという年上のオンナを
ためらいなくヨメにした冒険野郎であるだけでなく、
そのヨメを、このトシからサーフィンデビューさせたという、
まさに奇特なお方なのです・・^^。 

始める前は、オットに誘われても
「今から?アタシもう40だよ?ムリムリ、死ぬって!」
と、やりたい気持ちはあるものの、自分の年齢を考えて、
そんな気持ちにストップをかけていました。
ところが、思い切って始めてみると
・・・なんでしょう?
ワタシの中の、何か閉じてた部分がイッキに
ぱあっ・・・と開けた様な、そんな気がしたんです。
あれ?何に今まで拘ってた?みたいな。

上手に乗れれば楽しいし、できなきゃくやしい。
確かに若い人よりは、上達も遅いし疲労もハゲしい(汗)。
でもそんな、うまくできるとか、できないとか、
そんな事だけじゃない喜びがあるのも新しい発見でした。
あのとき「今さら始めてもねえ・・」と、
やらずに眺めていないで本当にヨカッタ。
今はそう思います。

波を待つ楽しさ、波を楽しむ幸せ。
これを知ってしまった今は、とにかく下手でも何でも、
一生、そして一生懸命サーフィンを続けて行こう、
そのために毎日の生活もガンバロウ、
そんな風に思ってしまっているワタシがいたのでした。

「It is never too late to learn.」
(人が何かを始めるのに、遅すぎるという事はない)
オットが教えてくれた英語の格言です。
時に、こんなコトバをかみしめながら過ごしている、
じたばたアラフィフ(?)サーファーの日々の事、
サーフィンを通じて感じる人生あれコレ・・を
ぼちぼちと綴って行こうと思っていマス♪
[PR]
by emiwosurf | 2010-09-14 18:59 | 自己紹介